お問い合わせ

お問い合わせって、なぜお「問い」合わせというのでしょう?やっぱり「問う」からでしょうか?

そんな問いはともかく、企業やビジネスでの対話やファシリテーションはこちらよりお問い合わせください。美術館、教育機関、学習塾、カフェ、書店などのワークショップやイベントとしての哲学対話、ももちろんこちらからお問い合わせください。

その他哲学対話に関する質問や悩みや相談などもこちらからお寄せいただければと思います。

お気軽にお「問い」合わせください。

ただいまお問い合わせを多数いただいておりますので、お返事まで少々お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。